【徹底解明】猫は人の言葉を理解してるって本当?

ノウハウ

皆さんこんにちは!
元・猫カフェオーナーによる猫のお世話チャンネルです。

このブログでは、猫を飼ってみたい方や飼い始めたばかりの方に向けて、
猫カフェが実際に行っているお世話の方法や使っているものをご紹介するブログです。

あなたは猫ちゃんが人間の話を理解していると思いますか?
大好きな猫ちゃんが自分の言うことをわかっていてくれたら嬉しいですよね♪

今回は、猫ちゃんが人間の言葉を理解しているのかどうか深掘りしてみました!

猫が言葉を理解している根拠

上智大学の研究グループによって、猫に関する面白い研究結果が発表されています。

その研究内容でわかったことは、

  • 自分の名前
  • 一般名詞
  • 同居猫の名前

まで聞き分けることができるという内容です。
猫が名前を聞き分けていることを実験によって明らかにしました!

気になる研究結果

自分の名前は理解している

約70匹の猫に対して、猫の名前と同じアクセントや長さの単語と他の猫の名前を4回続けて呼びかけます。

この実験の結果は、自分の名前に対してだけ強い反応を示した猫がほとんどだったそうです。
この結果から、猫は少なくとも自分の名前を理解していることが証明されました

猫が聞き分けているモノとは?

飼い主以外の人が同じ実験を行っても同様の結果が見られたことから、普段の飼い主の呼びかけに含まれる何らかの音声的手がかりに猫が反応するのではなく、の音声に共通する特徴を聞き分けていることがわかってきました。

この能力は特別な訓練を受けたからというわけではなく、日常的な関わりの中で得られていったものと考えられています。

猫は○○を理解している

言語機能を司っている脳の部位は大脳新皮質で、”霊長類の脳”と言われる部分です。
猫にはうっすらとしかなく、あまり発達していないことが分かっています。
単語は理解できても、単語の組み合わせまではわからないのではないかと考えられています。

猫ちゃんは元々暗い中で行動する夜のハンターです。
獲物を探すために暗闇の中でこそ頼りになるのが”音”なのです。
なんと猫ちゃんの聴力は犬の倍で、人間の6~10倍もあります!
そのため人間が発した言葉の微妙な音の違いも聞き分けられることができると言われています。

また、猫ちゃんは記憶力が非常に優れています。
食べ物など身の危険に関することは死活問題なので、特によく覚えると言われています。

”言葉の前後の情報”を感じ取っている

私の経験談なのですが、ご飯の際も「ご飯」という言葉よりも先に、ご飯を棚から取り出そうとする仕草の音だけで近寄ってきます。
また、病院に行くためのキャリーを出す音を立てると、病院によく連れて行く猫ちゃんは音も立てずに隠れてしまいます。
同じ猫でもよく近寄ってくる場所とは違う場所で名前を呼んだときには、無視されることも多々あります。
さらに、他の猫ちゃんの名前を呼んでいるのに全く違う猫ちゃんが寄ってくることもあります。

そのため、長年たくさんの猫ちゃんと暮らしてきた私の意見としては”猫は言葉では理解していない”のではないかと考えています。

猫ちゃんは人間の言葉ではなく、言葉の前後に紐づく飼い主さんの行動や音、アクセント、飼い主さんの声のトーンなどの情報から言葉を認識し、””として捉えている可能性が高いのではないかと考えます。

猫同士は鳴き声で会話していない?!

猫同士では「シャー」という威嚇音や、「グルグル」と喉を鳴らす音を出しますが、いわゆる「ニャー」という鳴き声では会話をしません。

そのような点からも、言語的な部分はあまり発達していないのではないかと考えられています。

鋭い観察能力の持ち主

猫ちゃんは日頃からよく人間のことを観察しています。
人間が言葉を発したとき、そのトーンや長さ、強弱、仕草を猫ちゃんはしっかり観察しています。
その言葉を状況と共に記憶しており、場面に応じて引き出しているようです。
そのため、猫ちゃんは人間の言葉をよく理解しているように感じるのだと考えます。

猫に話しかける際の注意点

猫ちゃんにポジティブな言葉をかけるときとネガティブな言葉を伝えるときでは、声の大きさや抑揚をはっきり変えて話しかけた方が良いと言われています。
少しオーバーリアクションくらいで猫ちゃんを褒めてあげるなど、猫ちゃんにわかってもらえるように心がけてあげましょう。

また、猫ちゃんが自分の名前を理解していると仮定した場合、猫ちゃんを叱る際に名前を呼んでしまうとネコちゃんにとって名前はマイナスなイメージになってしまうので注意が必要です。
普段の生活の中で猫ちゃんの名前を読んでもネコちゃんが近寄ってこなくなってしまう可能性があります。
猫ちゃんを叱るときは名前を呼ばない方が無難でしょう。

猫に話しかける効果

絆が深まる

あなたは猫ちゃんに毎日話しかけることで意思疎通できるようになっている気がしませんか?
毎日優しく話しかけていることは、猫ちゃんにも伝わりリラックス効果が得られると言われています。

また飼い主が一生懸命話しかけようとしていることを猫ちゃんも感じ取り、猫ちゃんなりにコミュニケーションを取ってくれるときもあります。

ストレスの軽減

猫ちゃんは、少しの環境の変化などでもストレスを感じやすい動物です。
飼い主さんが話しかけることで、猫ちゃんは安心してストレスを軽減することができるかもしれません。

お仕事などで長時間家を開けたときなどは、猫ちゃんにたくさん話しかけてあげることで、孤独感を緩和することができます。
私は毎日帰宅時に、名前を呼びながら「ただいま」と近寄って撫でてあげるようにしています。

知覚刺激

猫ちゃんは声の周波数や音の変化に敏感です。
話しかけることによって、猫ちゃんの興味を引くことができます。
猫ちゃんは人間の言葉を全て理解しているわけではありませんが、声のトーンや表情を読み取ろうとするので、知覚を刺激させることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
あなたは猫ちゃんが人間の話を理解していると思いますか?
大好きな猫ちゃんが自分の話すことを理解してくれていたら嬉しいですよね♫

猫ちゃんと意思疎通ができたエピソードなどがあればコメント欄で教えてください♪
最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました